スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

初代ipod nanoの分解・修理

電源が入らない初代ipod nanoが安く手に入ったので分解・修理してみる。
分解方法はいろんなところに掲載されているので省略、
電源が入らないのでまず、バッテリーの電圧を測ると、見事に0v
ちょうど手元にあったipod miniのバッテリーをつないで確認すると

ipod nano_02

ipod nano_01

はい、見事に電源が入りました、データー入ってるのでとりあえず復元しときました、
あとはバッテリーを入手すればOKです。

一番の問題はipodの裏側に元の持ち主の名前がレーザーで彫ってあることですorz

BlogRankingに参加しました、よろしければクリックお願いします。

20:15 : 自作トラックバック(0)  コメント(2)
こんにちは
mfさん、本当に凄いですねぇ
ipod nanoって分解修理できるんですか?
悲しいかな使い捨てだと思ってました ^^;
しかし、名前の刻印は確かに大問題ですね(笑)

2009/01/27(火) 17:09:51 | ko-chixxx │ URL | [編集]

ko-chixxxさんこんばんは~
今回はたまたまバッテリーの不調だけなので簡単に修理できましたが基板の故障とかならお手上げだったかもしれません、名前が刻印してあるので何かカバーを買いたいと思います^^

2009/01/27(火) 19:32:57 | mf │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。